耳鳴りがする人は改善策をとろう[イヤ〜な耳鳴り問題]スッキリ

更年期障害の症状

生活習慣を改めます

Consulting

更年期に発汗や動悸、ほてり、めまいなど様々な症状が現れます。耳鳴りに悩まされる女性もいます。これはホルモンバランスが崩れ自律神経が乱れることと、感覚器官の加齢で起こります。耳鳴りに悩まされている場合には、一度耳鼻科を検診します。耳鼻科で病気が発見されない場合には、婦人科で更年期障害かどうか判断してもらいます。更年期障害による耳鳴りは、本人にはつらい症状ですが、危険性がないため、自然に治まるのを待つという場合が多くなっています。 個人でできることは、血流をよくすることです。更年期で血圧があがっている場合など、血圧を下げる治療を受けます。また自律神経の乱れには睡眠不足とストレスが大敵です。ストレスをためないように、ストレスを発散する方法を見つけるといいでしょう。また夜更かしなどの習慣をあらためて、睡眠不足を解消します。

自然に治まる時を待ちます

更年期障害の耳鳴りは、人によって比較的軽い人もいれば、一日中気になってイライラするという人もいます。検査で病気でないとわかった場合には、更年期がすぎれば自然に治まるという考え方が主流になっています。 更年期障害でホルモン補充療法を受けている場合には、全身の不調が改善されるので、耳鳴りも比較的楽になると考えられています。また精神的にも、体の調子がよくなると耳鳴りが気にならなくなるという効果もあります。さらに現在は更年期障害の漢方薬での治療があります。漢方薬はストレスや体内の水分の異常を緩和する働きがあります。ホルモン補充療法よりも漢方薬が体質に合う人もいます。一度漢方薬を試してみることも選択肢の一つです。耳鳴り自体に変わりはないとしても、気持ちが明るくなることで耳鳴りにこだわらずに生活ができるようになります。